胸の大きな女性を好む男性は女性蔑視の傾向がある?!

よもやま話

Photo by Andrea Piacquadio from Pexels
とんでもねぇ・・・

ぼーっとネット徘徊してたら、過去のとんでもねぇリサーチを見つけたので思わず載せてしまった。

2013年と少し前の研究になるが、イギリスのロンドンの白人男性が最も好むバストはミディアムサイズで、それより大きいサイズを好む人もかなりいた。

「いいことじゃねぇか・・・」

ただ、大きいサイズを好む人は女性への性差別傾向と関連があると示された、、らしい・・・。

「Oppaibakaは性差別で女性蔑視なのか・・・?」

以下、研究の要約
ここでは、男性の抑圧的な信念が女性のバストサイズの理想を形成する上でどのような影響を及ぼすかを検討した。イギリス・ロンドンのコミュニティに属するイギリス人白人男性(N=361名、18歳~68歳、平均30歳)を対象に、360度回転し、乳房サイズが5段階に変化する女性のフィギュアを閲覧させた。そして、最も肉体的に魅力的と感じたフィギュアを評価し、性差別的態度や女性を客観視する傾向を評価する尺度も併せて実施した。その結果、「中くらいの乳房」が最も多く(32.7%)、次いで「大きい乳房」(24.4%)、「非常に大きい乳房」(19.1%)となった。さらに分析を進めた結果、男性が女性の胸を大きくしたいと思うことは、性差別主義者、女性を客観視する傾向、女性に敵対する傾向が強いことと有意に関連することが示された。「女性蔑視の傾向がある男性は、大きなバストを『女らしい女性にふさわしい』と考えるようです。言い換えれば、女らしく従順な女性は大きな胸を持っているという考えです」と語っています。男性のこのような考え方は従来の女性的美しさへの好みと関係しており、さらなる研究を要するとのこと。また、皮肉なことに今回の調査では「車の扉を開け」「食事代を払い」「女性は自分を尊敬している」と自負している男性ほど、この伝統的な女性美の考えを最も受け入れていたそうです。元記事ネタ:男性の好むバストサイズに関する新たな研究、胸の大きな女性を好む男性は女性蔑視の傾向があることが明らかに – GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20130313-breast-size-preferences/
 
つまり・・・

つまりだ、おっぱい、おっぱいとずっと言っているOppaibakaは、女の子のおっぱいしか見ていなく、おっぱいという外見的で客観的なものでしか興味がないということだ。
確かに、どんだけ綺麗な可愛い顔している娘を見ても、胸の大きい方の娘に目が行ってしまう。。そんなことはわかっとる。
でもよ、、女性を蔑視しているかというとちょいと違う気がする。

巨乳AVをたくさん拝見するなかで、どんなに立派なおっぱいを持っていてしても、その女優の演技力人柄が興奮するためにとても重要なファクターやと思ってる。

でも、でもなぁ、やっぱりいいおっぱいを見ると興奮しちまうなぁ。

 

 

 

 

広告